告知など


2017-01-09 [Mon]

勉強をしたくてできずに死んでいったひとのこと

今更になって思い出すことがある。祖母の兄のことだ。祖母の兄は何人もいて、どの人のことなのかよく分からなくなっているのだが、みんな優秀だったとは聞かされている。

そして、兄のうちの何人かは若くして亡くなっていることも聞いている。

勉強をしたい、勉強をしたいと言いながら死んでしまったと、何度も聞かされた。病死だったか、戦死だったか、そもそも亡くなった兄は一人なのか二人なのか、記憶が曖昧だが、今になって考えるとこの話は僕の物の考え方に強く影響を与えているような気がしてならない。この話を聞かされた小学生当時は、勉強しなさいってのを遠回しに言われているのだと思っていたのだが。

すなわち、全力でやりたいことがあったのに、不本意な原因でそれができずに死んでいった人の物語だ。

今の僕は全力でやりたいことがあるのにその全力が出せない(子供のことや自分の健康のことなどから)ことが本当につらいのだけれど、これはもしかして幼い頃に言われてきたことの呪縛なんじゃないかという気が、ふとしたのだ。

だけどそれを恨むつもりはない。

世の中には全力を出したいと思うことを見つけられない人や、そもそも全力を出す行為自体ができない、あるいは発想の中にない人もいるので、全力を出す目標や出す方法論を知っている自分はむしろ幸せだとすら思っている。

ただ、全力を出して生きることが当然だと思って生きることは、現実的に疲れるしきついし困難も多いし壁も多い。それでも僕はそういう生き方しか分からないし、更に不器用なので正面突破しようとして壁にぶつかって心が折れそうになることも多い。

それなのに「こういう生き方しかできないし」と思ってしまうのは、高倉健に憧れているわけではなく、幼少時の呪縛と、その後の人生で見てきた、全力で生きてその志半ばで亡くなった友人知人先輩の影があるように思う。

徴兵されて戦争で死ぬこともなく、昔よりは病気で死ぬことも減っているなかで、全力で生きる機会があるのなら、そこで全力を出せるのは、とても幸せなことなんじゃないかと思う。

生きていて、全力を出せるのは、とても幸せなことなんじゃないかと思うのだ。

その気持ちを駆動しているのが呪縛であるのなら、その程度のものは背負ってやろうじゃないかとも思う。


INFORMATION OF EARTHLIGHT TECH NOLOGY <info@earthlight.jp>