告知など


2015-08-18 [Tue]

入院してました

息子が。

最初、なんか咳をしているなあというくらいだったのですが、二週間くらいしても咳をしていて、一回深夜に咳き込んで吐いて、おかしいのでかかりつけの大学病院に連れていったところ吸入をしてくれて、定期的に吸入をしたほうがいいと言われました。で、近所の小児科に相談したら吸入の機械を貸してくれたので、処方してもらった薬を使って吸入していたのですが、数日後に朝からぐったりしていて明かにおかしい。これは変だというので、夕方から大学病院の救急外来に。

気管支が炎症を起こしていることの他に、血中酸素濃度がいまいち高くならないということで、そのまま入院になりました。

検査の結果、気管支炎が咳については、マイコプラズマ肺炎だということが分かりまして、そちらは抗生物質を投薬してもらい3日程度でよくなりました。

しかし、血中酸素濃度がやっぱり上がらない。念のためということで、心臓の検査も受けました。

すると、大動脈でのわずかな逆流が見つかりました。数日後改めて専門医にも見てもらったのですが、弁の機能が不完全ということのようです。ただ、ダウン症の人だと多くに見つかる症状ではあり、喫緊に手術や投薬などの治療は必要ないレベルなので、今後年に1、2回程度の診察を受けて経過観察ということになりました。

結局、息子の入院は6日間でしたが、その後も少し保育園は様子見をして慣らして復帰。

また、僕と妻が咳をするようになってしまい、それの回復やらなにやらで夏休みがつぶれましら。というか、まだ咳なおっていないんだけど。あ、僕は検査受けて、マイコプラズマではないことは分かっています。

入院した病院の小児科病棟は、完全看護ではなく、親の泊まり込みでの付き添いが必要でした。

以前、息子が生まれて数週間後に、同じところに入院した時は、僕の中で妻に対して「母親になったのだから、自分の頭で考えて判断するように意識を変えてもらわないといけない」的な考えたあった(ような気がする)のか、付き添いのほとんどを妻に任せてしまい、結果的に妻に大きな負担を強いてしました。

その反省から、今回はなるべく負担が半々になるように、特に夜の泊まり込みは簡易ベッドになって結構辛いので(ホテルのエクストラベッドなんてものではなく、本当に簡易で小さなベッドなんですわ)、最初土日は僕が泊まり、仕事がある日は妻が泊まり、辛くなったら一時交代、みたいな感じで。結局翌週の半ばには個室から大部屋に移れて、そうなると逆に父親が泊まれなくなるのですが、その翌日には退院になったので、なんとか乗り切った感じでした。

今回については、本当になんとか協力して乗り切った、という感じだった。

その後の夏休み、完全につぶれたけど。まあ逆に退院の翌週が夏休みだったので、助かったとも言えるけど。

-----

ダウン症の人は普通の人よりも体が弱く、肺炎などでもあっさりと亡くなったりするそうです。だから今回の息子の入院も、普通の子供だったら気管支炎程度だと入院にならなかったのかも(いや、感染症の疑いがあったら入院かな)しれません。

病院に連れていく前の我々の感覚としては、なんか咳しているけれど風邪かな、程度でしたが、あまりにも咳が長いのと、その当日はあまりにも「普段と違う」というので病院に連れていきました。

正直、どのくらい神経質になればいいのかが、いまだに分かりません。

モンスターペアレントとかモンスターペイシェントにはなりたくないわけです。お医者さんには、いつも世話になっているという気持ちしかないので。

だけど「普通の子供と違うらしい」という意識は常にあるので、「この子大丈夫ですかね」「念のため連れて来たんですけど」ということをよくやります(二次救急の医療機関にいいのかなあと思いつつ)。

いや、子供を病院に連れていくかの電話相談窓口のこととかは知っていますが、障害児に詳しい人が電話に出るとは限らないし、結局普段の様子との違いで判断するしかないし。

----

ついでに言うと、子供の入院で付き添いというのは、親のほうがまいってしまうので、もし次回入院することになったら、夜中子供をひとりにするのは可哀想ではあるけれど、完全看護の病院のほうが助かります。

親のほうが倒れたら、もうどうしようもないので。

----

それはそれとして、親のほうがわりと限界ですわ。

今週は子供に保育園に行ってもらって、その間に親のほうの体勢を立て直さねば。

-----

あと、入院やらなにやらで、家にいる期間が長かったこともあり、なんだか息子がわがままになっている気がする……。


2015-08-10 [Mon]

子供を育てるコスト

少し冷静になって、感情論とかそういうのを全部抜きにして、「子供を育てるコスト」というものを考えてみたい。

教育費のように数字になって出てこない種類のコストについて、だ。

たとえば、夫婦共働きで、(理想的には)父母両方に同じくらいの育児の負荷がかかっているとしよう。

育児の負荷ってのは、それまで存在していなかったものが追加されるので、確実に何かを犠牲にする。

たとえば趣味の時間。しかし、多くの場合は、趣味の時間だけでは飽き足らず、仕事の時間も食いつぶす。

一般的に、子供ができると仕事のパフォーマンスは落ちるものだ。男女問わず。

トヨタが配偶者手当を廃止して子供に対する手当てを手厚くするという発表を行った。これが企業側からのメッセージだと解釈すると、なんとか手当てってのはいわゆるBIのひとつなので、子供ができることによって仕事のパフォーマンスが落ち能力評価が下がったとしても、その分は会社が保証するから安心して子供を育てるように、と読める。この規模の企業で、本当にパフォーマンスの低下が即評価の下落につながるかは微妙だけれど、つまりはそういうことだ。

子供ができると子供のための消費は大幅に増えるけれど、趣味の消費は減るだろう。同時に、仕事の成果という意味での生産量も減る。夫婦両方ともだ。

これを回避する方法としては1)そもそも生産していない人が育児を負担する、2)育児の負担を分散させる、という方法が考えられる。前者は端的に言えば、専業主婦は生産していないから育児をすべて行うべきだという昭和のやりかた。あるいは、子供は何も生産していないから、年長者が子守をするべきだというやりかた。後者は、祖父母や親戚や近所の人や、みんなで子育てをしましょうという考え方。

どっちも、現代社会では非現実的ですな。

あとは、沢山生産能力がある人のパフォーマンスを落とさないために、育児はシッターさんを雇うという考え方もある。

ところが日本はベビーシッターが超お高い。都市部と田舎とで経済格差がある国だと、地方から出てきた住み込みのシッターさんを雇うことができるかもしれないが、日本では現実的に無理。

となると、どうやっても、子供が生まれるとその親の生産性は落ちる。直近の生産性は落ちる。成果と給与が直接連動する組織に勤務していたら、収入も下がる。

少子化問題と、男性の育児参加と、女性の社会進出と、そのあたりの議論をするときに、「子供を生んで育てると、親の生産性が落ちる」という現実はきちんと計上しないといけなくて、そのコストを支払ってもなお、子供を生んで育てる価値があるということを示せないといけない。

実際のところ、子供って親の工数をむしゃむしゃ食って生きているようなものなわけだ。しかも無遠慮に。

それで、親側の生産性が落ちるのは、本末転倒だと思うわけだ。

長い目で見れば投資なのだろうけれど、親の仕事が多少でも属人化している種類の仕事だと、「今、この人がやらないといけない」という状況が発生する。その時に育児が足かせになるのは、そもそもおかしい。そんなんで先進国とか言えるわけがない。

どのような現実的な解法があるのかは分からないが、おそらくドラスティックな改革ではなく、小さな仕組みを沢山積み上げていくしかないのだろうとは思う。


2015-07-08 [Wed]

イクメンというファッション

この記事「小島慶子 そこのパパ、女と同じ轍を踏まないで!」なんですけどね。

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=5449&page=3

あ、全文読むには会員登録(無料)が必要です。

内容にはほぼ同意します。うん。良い記事だと思います。

その上で、つらつらと思うこと。

この記事で提起している問題を整理すると以下2点になるかと思います。

1)イクメンをファッショナブルにしようという考えはストレスを増やすだけ

2)イクメンはこうでなければならないという考え方は、一部の女性が陥ったものと同じ「見られる育児」という発想と、同調圧を生み出し、イクメンが疲弊する

1)については、「「俺は汚いイクメンにはならない。ファッショナブルなイケメンになるんだ。むしろみんなもなろう」っていうタイプもいるんじゃないかと。ファッション誌におしつけられるのは外圧になるけれど、そういう人はイクメン関係なくファッション外圧に踊らされて、それが楽しいのであれば好きにすればいいじゃないと思うのです。むしろファッショナブルになったほうが元気かもしれない。

この点については、チェックのネルシャツ文化で育った僕からは想像の範囲外ですが。

ただ、ファッショナブルを強要されるのは嫌だなあ、と思います。

そして、この「強要」というのが同調圧力に変化しがちです。

2)の「イクメンはこうでなければならない」というのは圧力ですね。他者からの圧力かもしれないし、自己イメージからの圧力かもしれない。

そこには誰かの目が存在するわけで、それは「見られる育児」となり、疲弊するのは分かる。

ただし注意しないといけないのが、同調圧にしばられた仲良しグループが大好きな人というのが、男女関わらず一定数存在するということです。

元記事が会員登録必要なので、直接引用できないけれど、最後のほうの結論は「見られる育児を負担に思うコミュニティーに、圧力に屈しないパパが入ってきて、そこのママの常識を壊して欲しい」という感じ(こうまとめると若干原文とニュアンスが違う気がしてきたぞ)なのですが、そういうわけで、壊して欲しくないと思っている人もいることは認識しておいたほうがいい。

まあ、僕は無神経なので、壊しに行きますけどね。

なんとなく感じているだけなのですが、今の日本の状況で、PTA活動ができる親って、傾向としては仲良しグループが好きな種類の人な気がするんですよね。それは多分パパも同じ。というか、IT業界にいると感覚が鈍くなるけれど、世間の多くの人はどうやら仲良しグループが好きみたいです。IT業界みたいに「え?飲み会って、勉強会とかイベントの打ち上げのことでしょ?」ってことはない。

PTAのようなコミュニティの難しいところは(などということをまだPTA活動していない僕が書くのはどうかと思うが)、バックグラウンドが全然違う人(親)が一緒になって何かをしようとする点だと思います。

子供という共通のモチベーションはあるけれど、やりかたってことになると、全然違う。

だから、そうねえ、簡単に「コミュニティーに入っていて、常識を壊して欲しい」と言われても、難しいねえと思うのです。

まあ、僕は無神経なので、壊しに行きますけどね(二度書きました)。

ところが、相手のやりかたを尊重しつつ、調整しつつ、うまいこと物事を進めることができる人ってのもいるんですよね。そういうの、僕は真似できないし、したくもないけど、尊敬はします。

無理に壊そうとしなくても、そういう人がうまく仲介に入って、ソフトランディングすればいいんじゃないかなと思います。

まあ、僕は無神経なので、壊しに行きますけどね(三度書きました)。


2015-07-06 [Mon]

気持ちが変わらないってこと

ふと、思うんですよね。

僕はコンピュータゲームが好きで、子供の頃や大学生時代はパソコンでゲームを作って遊んでました。

遊ぶのも嫌いじゃなかったけれど、新しいゲームを考えてプログラミングするのが好きだった。

でもいつの頃から手を出さなくなり、今じゃ「ソシャゲはクソ」とかいう気分で興味すら沸かない。

でも今でも現役でゲームが好きでゲームを作っている人はいるわけで(ソシャゲにしろコンソールにしろ)、そういう人と自分を比べてみると、きっと自分はゲーム業界では生きられない人間だったんだろうなと思うわけです。

コンピュータ全般とかプログラミングについて考えてみると、一時期の世間はWindowsだらけの時期にあっても、「Windowsはクソ」と言いながらも興味は失わず、BSDで生活してプログラミングし続けてきたので、僕はプログラミングで飯を食えている。まあ、UNIX文化とかインターネット文化とか、今いる会社とか、生きていける受け皿が幸いなことにあったからというのは大きいんだけど。

で、いつの間にか仕事になっていまった小説について、自分はどうなんだろうな、と考えてしまったんですな。

小説を書くことは嫌いじゃないし、興味は失っていない。まあ、以前よりも頭の回転は遅くなっていて、コンピュータほど経験の蓄積がないので大変な思いをしている部分はあるけれど。

SFについては、今でも業界はすげーなー、新作すげーなー、作家もすげーなー、と思っていて、そっち方面の興味は失っていない。ただ僕の能力だと魂込めたSF作品をほいほい書けないという能力的な残念感はある。

デビュー元ジャンルであるラノベはどうかと考えると、「なんか最近のラノベって、僕が好きだった2000年頃のラノベとは違うな」という感覚があって、いまひとつ興味が落ちているというのは正直ある。

だからもしかすると、長期的に見てライトノベルというのは自分は活動できない場所なのかもしれない。まあ、ライトノベル自体がどんどん変化しているのが現状なので、無理にそれに合わせるよりは、自分の活動場所をぽんぽんと移動させていくくらいがいいのかもしれないけれど。


2015-06-21 [Sun]

ちょっとしたオシャレというもの

家のキッチンに、コーヒーカップのようなカップがあって、それはアロマオイル専用なんですな。カップにお湯をいれて、アロマオイルをたらすと香りが立つ。ちょっとしたオシャーレなアイテムです。うちの奥さんは、こういう、ちょっとしたオシャーレがわりと好き。

で、そのカップを見る度になんか違和感があるなあと思っていたので、ちょっと自分なりに分析してみました。

まず、キッチンにコーヒーカップと似た形状のものがあったら、そのコンテキストにおいては、コーヒーカップだと認識されるわけですよ、普通は。

それをアロマオイルに使うというのは、妻が勝手に決めたルールにすぎない。あるいは、「コーヒーカップ状のアロマオイル入れがオシャレ!」と決めた誰か。

そのルールを知らない人には、コンテキスト的に通じない。仮に周知させようとしても、多分、息子は理解していない。

理解が難しい存在がいる場所において、ハイコンテキストな物体の混入は事故のもとになるので、安全管理という面では多分この存在は許されない。

しかし考えてみると、オシャレの方法論のひとつに「ちょっとルールを崩してみる」というのがあるように思う。それは、コンテキストをちょっと無視して、別のセマンティクスを与えてみる、ということである。

なるほど。

それは機能性と一見矛盾する。はたして、矛盾しない解法はないものだろうか。それがおそらく機能美と呼ばれるものなのかもしれないが。

難しいなあ。ハイコンテキストは、多分その把握にコストがかかると思う。ぱっと見た時に、あ、いけないいけない、これは普通のカップじゃなくてアロマ用、というのを思い出さないといけない。


2015-06-17 [Wed]

スポーツジムその後

二週間たちました。週に3日のペースで通っています。いい感じです。

夜のみのプランに入会したということもあり、会社の帰りに少し歩いてジムまで行って、運動して、帰るということをしています。

今日はジムあるから、それまでちゃんと仕事して、それから体を動かそうという目標があるので、一日のリズムが作りやすいです。

そして、運動している間は、無心になれます。最初は色々考え事をして、そこで頭の整理をして、やがてひたすら身体を動かすようになる。無心です。すばらしい。しかもひとりの時間です。

おもに有酸素運動の機械をやってます。漕いだり、歩いたり。ただひたすら、黙々と。

10分から15分を1セットとして、トータル1時間くらいやります。

終わったらシャワーを浴びるか風呂に入るかします。お風呂は足がのばせます。すばらしい。

そして、さっぱりして帰路につき、途中で飲むヨーグルト的なものを買って飲みます。なんでも運動の後には、糖質とたんぱく質の両方が必要みたいです。

運動した夜は、ぐっすり眠れる気がします。ジムが終わった後の短時間ですが、ああ自分はここでこうしていていいんだという自己肯定感に包まれつつ、眠りにつけます。

こんな感じで、うまいこと調子よくならないかなと思ったりしてます。


2015-06-03 [Wed]

スポーツジムに行き始めました

各方面からの「運動をしなさい」という声により、観念して運動することにしました。

最初はとりあえず一駅歩いてみようと思ったんだけど、一駅歩いたところにスポーツジムがあり、帰りにここに寄るのは悪くないかもと思って、見学してさくっと入会した。

ひとりで黙々とやりたいので、黙々とできる有酸素運動マシンとかを、黙々とやってます。

一時間くらい、黙々といくつかのマシンを。楽しいです。黙々。

で、ジムの人から色々説明受けたりして、気づいたことがありまして。

スポーツジムで働く人って、勝手なイメージだけれど健康的で前向きで明るいキャラの人ばっかりだと思っていたわけですよ。そして、そういう人ってのは、大学でもリア充サークルに入っている系の人ばっかりだと思っていたわけですよ。

実際、リア充サークル入ってそうな人が多かったんだけれど、おや?と思ったのですな。

みんな「説明」があんまり上手じゃない。喋り方も雰囲気だけで説得力がない。

同じコミュニカティブな人でも営業職タイプの人はそれなりに説明なんかのスキルがあるわけですが、そういうのがない。

うーん、なんだろうと思ったのですな。

だけど、考えてみれば、リア充系サークルでも、リーダーポジションになる人と、そうでない人がいるわけですよ。そしてぶっちゃけリーダーポジションの人はそれなりに頭の回転もいいだろうけれど、そうでない人はそうでもない。

「俺ら」業界だと、非コミュは内側にこもるわけですが、リア充系サークルで普通の人は、それでもコミュニカティブではあるので、きっと一生懸命リーダーポジションの奴の真似をするんじゃないかと思うんですね。

実際、説明してくれた説明あんまり上手じゃない人からは、「ああ、この人は誰かの真似をしようとして、いまいちできていないんじゃないかな」という印象を受けました。

それと多分、ちゃんとした指導も入らないんだろうな。

というわけで、リア充サークル系の人でもコミュスキル高いとは限らないのだなあ、という発見でありました。

現場からは以上です。


INFORMATION OF EARTHLIGHT TECH NOLOGY <info@earthlight.jp>