告知など


2019-10-11 [Fri]

書けない

書けないな、うん、書けない。いつの間にやら、書けなくなった。いや、書けるんだけど、以前ほど「しっくりくる」言葉が湧いてこない。なんか手癖で書く感じになっちゃう。これは書けるうちに入らない。普段のメールの文章なんかも、以前ほどしっくりくる言葉がさらさらと湧いて出てこなくなっちゃった。

正確に言えば、書けないではなく、何もできない。創造的なことが、何もできなくなっちゃった。

どうしてだろうと考えてはみるけれど、分からない。今は基本的になんに対しても興味がわかない。物に対しても人に対しても。興味がなくても、仕事はできているので、ああコンピュータについては見に染み付いているのだなあとは思うけれど、やっぱりもうちょい深堀りの仕事をするべきだろうとは思うし、この程度じゃなくて、もっと切れのある仕事が以前はできたはずだと思う。

なので、もしかすると、どんなものに関しても、何をやってももう駄目なのかもしれない。そしてそれは、老化で片付けられる単純な問題なのかもしれない。

ということで、木本はもう駄目です。

突然こんなこと言ってごめんね、なんていう冗談を言う気にもならないくらい、駄目です。

体調を整えて、自分と自分の仕事とゆっくり向かい合えば、そのうち浮上することもあるでしょう。おそらく時間が必要です。

とはいえ、「その時」にやらなければならないことってのは確実にあって、この数年その「その時」というのが全然掴めなくて、だからやっぱり僕は「その時」という波に乗れなかったのだろうし、それはそれでそういう人生なのかもしれない。

だけど、まだ書きたい話が2本あるんですよね。この2本だけは、形にしたいなあ。別にネットで発表で全然構わないんだけど、そしていつになるのか分からないけれど、形にしたいです。のんびりやるかと思いつつも「その時」ってのはどうしても意識してしまうんだよね。難しい。

あとその前に、ためてる作品の供養はしておかないとね。同人誌に書いたやつとか、まとめて短編集にしてもいいかもしれない。

わからないけどね。

もしこの先、どこかで僕を見つけたら、生きてはいるのだなと生暖かい目で見てやってください。見るだけでいいです。


2019-08-27 [Tue]

tDiary更新

更新しました。なんか、スマホだとサイドメニューが消えなくなっていてみづらいという噂ですが、パソコンかRSSリーダーでみてちょ。


2019-08-09 [Fri]

捨てる

最近色々あったのかないなのかなんだかわからないけれど、頭がわちゃわちゃわーっというのが続いて、そんな中で出した結論は、捨てよう・あきらめよう、になった。自分がなりえたかもしれないこと、作り出せれたかもしれないもの、そういうの一切合切諦めて捨てよう。

無理なのである。所詮自分はこの現実にある程度なのである。

だから差し当たり、スタンドに置いてあったシンセサイザーを(まあ半分物置になっていたのだが)、スタンドからおろして壁に立てかけて、スタンドも片付けた。

これでいい。


2019-03-27 [Wed]

寝れない夜

少し前のこと。

眠れない夜が続いたことがあった。なんだろうと思った。何かに似ていると思った。

ああ、思い出した。大学生の頃、布団で横になっても全然眠れない時期がずっと続いていて、当然朝は起きれないので、授業はつらいし、散々だったことがあった。どうして眠れなかったのかは分からない。何かずっと、考え事をしていたような気がする。何を考えていたのかすら、今となっては思い出せないが、きっと青臭いことだったのだろう。新兵がかかる病気みたいなものだ。きっと。

それと似ている感覚だったのだ。

そして恐ろしくなった。

まさか、あそこからやり直すのか?色々悩んだりあがいたり苦しんだりもがいたりしてようやく落ち着いたおっさんになったかと思ったのに、またあそこからやり直さないといけないのか?

などと書いてみたが、実はそんな難しい話ではなく、マイスリー飲むのやめて、メラトニンにしてみたら普通に寝れた。ただメラトニンは夢見が悪い。単にマイスリーが体質に合わないのかもしれないが、あんまりどうこうするのもなあ。

そんだけ。


2019-01-31 [Thu]

今年の抱負

年が明けて一カ月たっておいてなんだけど。

小説書きたい。書けるようになりたい。書くための体力と時間が欲しい。書けるようになるための体力と時間が欲しい。

小説を書きたい。


2018-12-28 [Fri]

変化

2018年が終わろうとしている……。まあな。

年末に息子が真珠腫性中耳炎で入院した。その付き添いのために病院に向かうバスの中で、3歳くらいの子供と、その祖父とおぼしき男性の組み合わせを見かけた。おじいさん(と言っても多分50代で見るからに元気だったが)が子供を膝の上に乗せていた。子供はまだたどたどしいながらも景色を見ながら色々と喋っていて、おじいさんは相槌をうったり相手をしていた。

その姿が、自分と、自分の祖父と重なった。

僕は祖父母の家に頻繁に出入りしていて、おじいちゃん子で、日曜日になると祖父に近所のデパートの屋上に連れて行ってもらい、ひとつだけ乗り物に乗せてもらっていたりしていたそうだ。幼稚園に入る前のことなので記憶はないのだが、日曜日の朝は基本的に二階に住んでいる祖父母のところにいって、テレビを見たりお菓子をもらったり朝食を食べたりしていた。

父親になった僕は、子供を見る大人の気持ちが少しは分かる。あの時の祖父も、同じような気持ちで僕のことを見ていたのかもしれない。

どうしてか親や祖父母に孝行しようと思ったことがない。というか、孝行という概念がいまひとつピンとこない。そんな自分を申し訳ないと思っていた。

だから、せめて楽しく元気に生きていようと思ってきた。僕が楽しく生きていると、ついでに世の中も良くなるような立ち位置にいるのが、間接的に孝行になるんじゃないかと思ってきた。それは両親祖父母だけでなく、僕を育ててくれたすべての人への恩返しだ。そして結構うまくいっていた。

だが、なんか違うなと思うようになった。楽しくないな、と。それが続いた。これはおかしいと思った。

だから、立つ場所を少しだけ変えることにした。

色々あったが、今のところ新しい立ち位置の居心地は悪くない。それが2018年の変化だ。


2018-01-01 [Mon]

2017年を振り返る

2018年にすでになっているわけですが、今年の抱負なんてものを語れる状態ではなく、しかもそんな感じの状態がこの数年続いており、ただひたすらサバイバルすることのみを考えるわけです。

だけど振り返りくらいはできるだろうと思い、2017の出来事を思い出してみようと想いました。

とはいえ、思い返すと全体的につらい。色々とつらい。大きなところではつらいかというと微妙なんだけれど、細かなつらみが積み重なってトータルするとつらい。そんな感じでした。というか現在進行形なんだけど。

息子は元気です。元気過ぎます。元気過ぎて心配して、妻が色々と病院を探してくれて相談に行ったところ、やはりADHDの傾向があると言われて、投薬治療を開始しました。そうしたらだいぶ落ち着いたような気がします。一日、薬の飲み忘れたことがあって、その日はもう全然落ち着かなかったので、やはり薬はちゃんと効いているだろうと想います。保育園でも、落ち着いたと言われたし。そんなわけで、息子はダウン症からダウン症+ADHDにランクアップしました。

彼の言動を見ていると、日に日に賢くなっていることは実感できるのだけれど、発語がなかなか発達しませんな。これは本当に不思議。ものすごく色々なことを理解しているし、色々な方法で意思表明・自己主張をするのだけれど、言葉という形で出てこず、彼が言いたい複雑なことをこちらも完全に理解してあげられないことがあり、それが申し訳ない気持ちになります。

ダウン症の子供は普通の子供の半分のペースで大きくなると言われます。現実的にはその子の個性によってまちまちだし、生きた期間はやっぱりあるので、そんな単純に半分ではないのですが。

それでも、6歳になった今の息子を見ていると、言葉のことはさておくと、3歳の子供と同レベルと言われると納得する部分もあり、いやいやもっとお兄ちゃんだよと思う部分もあり。保育園では3歳児クラスの子のお世話を率先してやっているようですが。

6年かかってここまで来ました。

普通の子供だと6歳=小学一年生くらいになるとわりと安心して見てられるかなと想像すると、息子がその状態になるのは12歳。あと6年かかります。

まだまだ先は長いです。

息子と言えば、今年は小学生になります。市内にある支援学校へ進学する予定です。そこでの生活や学習がどのようになるか、未知数な部分もありますが、彼にとっても生活が激変するので不安もある一方で、よい方向に進むといいなと思います。

僕はもうちょっとですな。

もうちょっと色々できるようになりたい。今年はようやく本を読めるようになりました。でもやっぱり書きたい。ちゃんと書けるもの、書くべきものを見定めて、腰を据えて小説を書きたいです。じゃあ書けばいいだろという話なのですが、なかなか書けないのですな。なかなかにこれが。

もし僕が年内に何か出せたら、ああ少しは元気になったのだなと思ってください。


INFORMATION OF EARTHLIGHT TECH NOLOGY <info@earthlight.jp>